ル・ドゥーテ「レ・ローズ」 晴雨兼用折りたたみ傘(バッグ付き)

CONNO-BU002

ル・ドゥーテ「レ・ローズ」 晴雨兼用折りたたみ傘(バッグ付き) (CONNO-BU002)

Pocket

 

晴れの日も・・雨の日も

お散歩が楽しくなりそうな素敵な

UVカット&防水・撥水加工を施したエレガントな晴雨兼用の傘♪

 

 

 

 

マリー・アントワネットやナポレオン皇妃ジョゼフィーヌに仕え“バラの宮廷画家”と呼ばれたピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(1759-1840年)の代表作「バラ図譜」型染めの布で、ここまで写実的なバラの生地はとても珍しいです。

 

 

 

サイズ 親骨の長さ55cm
バッグサイズ 27cm
仕様 UVカット&防水・撥水加工
原産国 生地は日本製 製造は中国製

 

 

 

CONNO-U001A  CONNO-U001A-1

 

 

CONNO-U002  CONNO-U002-2

ホワイト

 

CONNO-U001A-3

同柄の可愛いバッグもセットになっています。

 

 

CONNO-U002-1

 

 

 

180rcolour

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ【Pierre-Joseph Redoute】(1759-1840年)は、ベルギーに生れた後、18世紀後半にパリに移り、植物学の基本を学び、ルイ16世王妃マリー=アントワネットの博物蒐集室付画家の称号を得ました。その後、フランス革命を生き延び、ナポレオン皇帝妃ジョゼフィーヌ等の庇護を受けながら、「花のラファエロ」と賞賛される程、天才植物画家としての人気と名声を博しました。 ルドゥーテは、薔薇の花の魅力に取り付かれた人物としても有名で、植物学的正確さと芸術性を兼ね備え、神業のような多色刷り点刻銅版画で制作された作品は、“バラの肖像画”ともいうべき境地に達しており、ボタニカルアートの金字塔として多くの人々を魅了しています。 「花のラファエロ」「バラのレンブラント」と讃えられたルドゥーテが描いたバラには、すでに絶滅している品種も多くあります。

 

 

 

 

【お取り扱いご注意】

ジークレー(またはジグレーGiclee)版画とは、画像をデジタルに化して製作する精密な版画で、デジタル・リトグラフとも呼ばれ、原画を再現するのに最も適している版画技法といわれています。 ジークレー手法で刷られた側面の薔薇4種と側面のリース柄は、顔料を吹き付ける方法に比べ色落ちがしにくい「顔料による染付け」でほどこされています。

※写真と実際のお色は異なる場合がございますのでご了承下さい

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
CONNO-BU002 ル・ドゥーテ「レ・ローズ」 晴雨兼用折りたたみ傘(バッグ付き)黒 ¥7,800
在庫有り
CONNO-U002 ル・ドゥーテ「レ・ローズ」 晴雨兼用折りたたみ傘(バッグ付き)ホワイト ¥7,800
在庫有り